格之進 TOKYOの肉の日|練馬の高級熟成肉食べ放題が旨すぎる!

他店を凌駕する旨さの高級肉が満載の牛肉レストラン

 

肉の日

 

格之進 TOKYOは、練馬区桜台にある牛肉レストランです。店内は居心地の良い空間となっており、カップルや家族がゆったり過ごすのにピッタリです。カウンターにはお肉の入ったショーケースが設置されており、彩り鮮やかな黒毛和牛を眺めながら食事を楽しむことができます。

 

最も人気を集めているメニューが「おまかせコース」です。おまかせコースは完全予約制の特別なコースで、出される肉の部位についてはどこにも記載されていません。それもそのはず。格之進 TOKYOでは、牛を一頭単位で仕入れているので、その時々の在庫状況によって提供できる部位が異なるからです。価格は16000円です。滅多なことでは頼めないコースですが、死ぬまでに一度は食べてみたくなります。

 

単品メニューで一番の目玉は「門崎熟成の上霜降り肉」です。口の中に入れると、まるで生チョコのようにとろけます。しかも全く脂っこさを感じません。とても食べやすいので、女性から大人気です。価格は2200円です。

 

「もう少し安い値段で食べたい!」という人には、定食がオススメです。平日21時以降限定の「門崎熟成肉 カルビ定食」は、上質の国産カルビを使用しており、とっても柔らかくてジューシーです。ついついご飯をおかわりしたくなってしまいますよ。価格は1400円と、都内の焼肉店の定食とほとんど変わりません。同じお金を出すなら、格之進 TOKYOのカルビ定食を食べた方が絶対いいですね。

 

そんな熟成和牛を存分に楽しめる格之進 TOKYOですが、毎月29日の肉の日は60日間熟成したエイジングビーフが90日分食べ放題になります。具体的には、特選サーロイン、ミスジ、カタロース、サンカクなど、どれも上質なお肉ばかり。

 

食べ放題だからと言って、一切妥協していません。どの部位も、舌の上に載せた瞬間とろけてしまうほど柔らかいです。値段は5500円とちょっと高いですが、クオリティは他の焼肉店とは別格です。格之進 TOKYOの味を一度知ってしまうと、そこらの焼肉店のお肉では物足りなさを感じてしまうかもしれません。

 

関連ページ

肉の日は東京飯店別館へGO!練馬でハラミをワンコインで食べたい!
東京飯店別館は練馬高野台にある焼肉店です。本館とは違って、低価格の焼肉を食べることができます。特にランチメニューが充実しており、1000円以内で食べれるものも多数あります。そんな東京飯店別館の肉の日はどのような料理が用意されているのでしょうか?